夏のオフィスの冷え性グッズ

冬だけでなく、夏にも冷え性に悩んでいる人は多いです。自宅だと、クーラーの温度を調整することができますが、オフィスは調整することができず、足元や手のひらが冷えてしまう人もいます。室内の温度と、外の温度が違いすぎて、体調を崩しやすくなってしまいます。体調を崩さないため、夏でもオフィスの中で仕事をしている人は、冷え性グッズを使いましょう。冷え性グッズで人気なのは、ブランケットです。ブランケットを膝にかけるだけで足元が温かくなります。最近は、USB電源式のブランケットもあります。パソコンのUSB端子に接続すれば、ブランケットが温かくなります。足先が冷たくなるという人は、靴下を必ず履きましょう。夏は出勤するときは暑いので、薄着をしている人が多いですが、オフィスの中では寒いので、一枚長袖のカーディガンを用意しておくといいです。

冷え性を解消するグッズに様々な形の湯たんぽ

湯たんぽといいますと夜に寝るときに使うことが多いでしょう。かつては陶器タイプであったとされています。その後金属製ができてきて、最近は強化プラスチックタイプが出てきています。大きさとしては両足を乗せることができるタイプが主流ですが、それ以外にも様々な大きさのものが出てきています。通常のものの半分ぐらいの大きさであったり、もっと小さいものは手のひらに載せるタイプです。冷え性を解消するためのグッズでは湯たんぽがあります。これのいい所は電気を使わない自然の温かさを使うことです。元々は寝るときに使っていましたが、最近はそれ以外にも使えるようになっています。小さいタイプの場合は座っている足元にそれぞれの足を乗せて使えるようになっています。お湯を使うことはこれまでも合ったようですが冷めやすかったのが問題でした。冷めにくいので長時間使えます。

冷え性グッズはエコな湯たんぽが人気

冷え性は女性に多い悩みですが、男性でも悩んでいる方は多いようです。寒い冬の時期も辛いですが、夏の冷房で体調を崩す人も多いでしょう。気温が高い夏は薄着になりがちですが、エアコンの効いた室内に長時間いると体はどんどん冷えていきます。体の冷えは血流を悪くさせるので、さまざまな悪影響を体に及ぼします。頭痛や体のだるさ、肩こりなどを引き起こしてしまいます。また子宮を冷やすことにもなるので、生理痛の悪化など婦人病の原因にもなります。最近では、冷え性グッズはさまざまな種類のものが発売されています。数年前からエコな冷え対策グッズとして湯たんぽの人気が高まり、かわいいデザインのものが女性に人気です。寝る前に熱いお湯を入れ、布団の中に入れておくだけなので電気代もかからず、経済的です。持ち運びできる小さいサイズのものも人気で、100円ショップでも手軽に購入することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です